働く私のスイッチマガジン ONOFF

Dr.村山のカラダ元気コーナー vol.6

お酒と上手につきあうポイント

  秋は美味しい食べ物がたくさんありますので、食事と一緒にお酒をいただく機会も増えそうですね。
お酒は適量を守れば血行をよくし、善玉コレステロールを上げる、気分もリラックスさせる等の効果がありますが、その一方で飲み過ぎは体に負担をかけることになります。日本人の40%はアルコールを分解する酵素が遺伝的に少ないか欠落しており、少量の飲酒で顔が赤くなったり、動悸やむかつきなどが出現します。

  通常「お酒が弱い」ので飲酒量が増えないことが多いのですが、このような人が慢性飲酒を続けると食道がんになりやすく、肝臓障害も発生しやすいので要注意です。アルコール分解酵素を正常に持っている人でも、飲酒が常習化するとアルコール依存症の可能性も高くなります。

  自分には関係ないと思われるかもしれませんが、誰にでも起こりえることです。おいしくお酒を楽しむためにも、気をつけたいポイントがあります。

一日の適量は?

  個人差はありますが、ビールなら500ml、日本酒なら1合、焼酎なら日本酒の2/3程度が目安です。

お酒と上手につきあうポイント

  • 栄養の豊富なおつまみと一緒にゆっくり飲む
  • 強いお酒は薄めて飲む
  • 休肝日をつくる

以上のことを意識して、食事もお酒もおいしくいただきながら食欲の秋を満喫しましょう。

[アドバイス]村山内科・胃腸科 院長 村山通秋先生

福岡県福岡市中央区天神2丁目4-20-2F
[TEL]092-741-6550
[URL]http://murayamaclinic.com/

アソウで会員登録する5つのメリット

1
30年以上の実績あり!
(優良派遣事業者認定)
2
おひとりお一人への
きめ細やかなフォロー体制
3
登録会員限定の無料講座も開催
4
安心の福利厚生1,000,000
以上の優待サービスが充実
5
メールでの求人情報の提供

無料オンライン派遣登録はこちら

福利厚生スタッフサポート

セミナーでonもoffも充実させる

優良派遣事業者として認定されています。

友達紹介キャンペーン

福利厚生サービス オリコン日本顧客満足度

PAGE TOP